第六戦

jmxr6-9307

ヒート1

 スタートを4番手で抜け出し、すぐに1台交わし3番手で1周目を通過しました。そして、2周目に2番手に上がるとすぐに前のライダーに追いつき、6周目にようやく攻略に成功しトップに上がりました。しかし、その後はペースが上がらず後ろのライダーにもラインを読まれてしまい、レース終盤ラスト2周のところで抜き返されてしまいました。それでも焦る事なく再逆転し、何とか最後まで後ろのライダーを抑えてトップでゴールしました。

ヒート2

 スタートは3番手、そしてそのままの順位で1周目を通過しました。その後は思うように前のライダーに仕掛ける事が出来ず、さらに10周目には後ろのライダーに交わされてしまい、4番手に後退してしまいました。何とか前のライダーに食らいつき3台での3位争いとなりましたが、レース終盤でミスをしてしまい、前のライダー達から遅れを取ってしまいました。しかし、前のライダーの転倒があり、最後は3位でチェッカーを受けました

レースを終えて

 今大会は、インターバルの成果を発揮することを目標にレースに臨みました。

ヒート1では何とか勝てたものの、ヒート2では自分の一番弱い部分が出てしまい、最後は心が折れてしまいとても情けない走りで終わってしまいました。みんなが苦しい思いをしている中で最後に自分との闘いに負けた事が何よりも悔しく思いました。同じような展開のレースをしない様にしっかりと考え、体調管理や練習、トレーニングに取り組みたいと思います。

引き続き応援宜しくお願い致します。