第5戦

AT5A7889

 一番イン側のグリッドを選択し、スタートが決まりホールショットでレースをスタートしました。

ここまで2戦とも1周目にパスされていたので、ここで我慢すると流れを変える事が出来ると思っていましたが、2周目にパスされ、スピード差がありついて行くことも出来ず、単独走行となってしまい、2位でゴールしました。

レースを終えて

得意なコースでもあり、優勝しようと臨んだ大会でしたが、トップとの実力の差を感じました。

これが自分の今の実力と受け止め、最終戦まで時間はありませんが、出来る事をしっかりやって悔いのないレースにしたいと思います。

引き続き応援のほど宜しくお願い致します。