全日本選手権第5戦(#46)

IA2 #46 大倉 由揮

【決勝ヒート1】

スタートはあまり良くなかったものの、1コーナー後の混戦を抜けた時点で7番手につけ、すぐに前を走る3台を交わして4番手で1周目を通過しました。2周目に前のライダーの転倒により3番手にポジションを上げるとそこから数周3番手をキープしていましたが、後ろから来たライダーに交わされ4番手にポジションダウン、その後は全く前のライダーのペースに対応する事が出来ませんでした。最後は、前との差も大きく広がってしまい、単独4位でゴールしました。

【決勝ヒート2】

 このヒートは、スタートに失敗し大きく出遅れ追い上げるレースとなりました。追い上げに専念していましたが、1周目を12番手で通過と少し苦しい展開。その後は着実にポジションを上げていき、レース中盤には7番手まで上がりました。しかし、その後はペースが上がらず、数周にわたり膠着状態が続いてしまいました。レース終盤に入り、何とか前を走る2台を攻略しましたが、そこから自分の体力不足でペースが下がり、前のライダーに追いつく事が出来ず5位でゴールしました。

【レースを終えて】

今大会は予選から調子が良く、表彰台に向けて強い意気込みを持って挑んだ大会でした。しかし、決勝では、自分の気持ちの弱さが大きく響いてしまいました。また体力面や、スピード感、技量などすべてにおいてトップライダー達との差を大きく感じました。次戦まで少し時間があるので気を引き締め、練習、トレーニングに励もうと思います。

引き続き、応援宜しくお願いします。