全日本選手権第4戦(#46)

IA2 #46 大倉 由揮

【決勝ヒート1】

スタートは完全に出遅れてしまい、最下位からの追い上げと、かなり厳しいレースになりました。1周目を24番手で通過すると、そこから順調にポジションを上げていきました。しかし、13番手に上がってからは、なかなか前のライダーを交わせず、最終的に接触により転倒してしまい、いくつかポジションを下げてしまいました。その次の周には、12番手まで上がったものの前とのギャップは大きく、最後は単独12位でゴールとなりました。

【決勝ヒート2】

またしてもスタートで大きく出遅れてしまい、追い上げる展開となりました。ヒート2は、上手く混戦を抜け出す事が出来、11番手で1周目を通過しました。

何度か順位の変動はありましたが、レース序盤に9番手にポジションを上げると、少しずつ前のグループとの差を詰め5台での接戦となりました。14周目に8番手に上がると、最終ラップにもう一つ順位を上げて7番手に上がりましたが、わずかの差で前の2台には及ばず、最後は7位でゴールしました。

【レースを終えて】

後半戦に繋がるレースをすることを目標にレースに臨んだ今大会は、予選で大きく順位を落としてしまったことが決勝での苦しいレース展開に大きく響いたレースだったと感じています。

しかし、ライディング面もまだまだ改善点はたくさんあるので、一つずつ改善していき、次戦では予選から良い流れで決勝に挑めるように取り組んでいきます。

引き続き、応援宜しくお願いします。