全日本選手権第3戦(#46)

IA2 #46 大倉 由揮

【決勝ヒート1】

予選同様、またしてもスタートで大きく出遅れてしまい、後方からの追い上げのレースとなってしまいました。13番手で1周目を通過すると、2周目には10番手と順調に順位を上げましたが、後方から追い上げてきたライダーに交わされ、11番手。混戦の中、約3周その順位をキープし、6周目に入り、ようやく前のライダーを攻略、その周8番手まで順位を上げました。

その後、前のグループに追いつき、すぐに6番手に上がりましたが、そこからペースが落ちていき、前との差も開き6位でゴールしました。

【決勝ヒート2】

課題だったスタートが決まり、2番手で1コーナーを通過しましたが荒れた路面に対応出来ず、4番手まで順位を落とし2周目に入りました。そのポジションをキープしていましたが、中盤で6番手まで追い下げてしまいました。その後もペースを上げる事が出来ず、後方から追い上げるライダー達に抜かれては抜き返す展開となりました。レース終盤で前のライダーの転倒もあり、5番手に上がりました。その後も最後まで後方のライダー達のプッシュを受け続けましたが、5番手でゴールしました。

【レースを終えて】

今大会は、前回の雪辱を果たすことを目標にレースに臨みました。

前戦からの流れで不安が多いレースとなりましたが、ヒート2では課題だったスタートを決める事が出来ました。しかし、その中で自分のライン取り、レース運びの下手さが目立ち、また周りとのスピードの違い、体力の無さを感じるレースとなりました。次戦まで、時間はありませんが少しでも改善できるよう、取り組んでいこうと思います。

引き続き、応援宜しくお願いします。