YZシリーズ2017モデルが発表されました


以下
ヤマハ発動機株式会社のページからの引用です。

ヤマハ発動機株式会社は、オフロードでの競技用モデル「YZシリーズ」の2017年国内仕様を2016年8月25日より発売します。  「YZ250F」は、新スペックエンジンを搭載し、2016年「YZ450F」と同型のフレームを採用するなどで戦闘力アップを図りました。「YZ450F」は一部仕様を変更し、「YZ250」「YZ125」は大径270mmフロントブレーキを採用し制動力を向上させました。基本性能を受け継ぐ「YZ85LW」「YZ85」はグラフィック一新を図りました。 

なお、本製品は当ショップでも、2016年6月10日から12月12日の期間限定で予約の受付を行い販売いたします。


“クロスカントリーエンデューロ”向け2017年モデルとしてリアル・ライト・エンデューロ「YZ125X」新発売されました。
http://global.yamaha-motor.com/jp/news/2016/0610/yz-enduro.html#_ga=1.2957168.1792617203.1465541617
 

ヤマハ発動機株式会社は、“The Real Light Enduro“のコンセプトに基づき新開発したクロスカントリーエンデューロ用モデル、「YZ125X」を2016年10月5日より発売します。また、「YZ450FX」「YZ250FX」「YZ250X」についても、2017年モデルを設定し2016年8月25日より発売します。

 「YZ125X」は、「YZ125」をベースに、エンジンを扱い易い特性に仕様を変更、実戦で役立つ諸装備を追加し、エンデューロ用としました。「YZ125」からの変更点は、(1)燃焼室、YPVS作動特性最適化、(2)専用CDIユニット、(3)サスペンションの専用セッティング、(4)リア18インチ化、(5)2次減速比変更、(6)エンデューロ用装備追加(シールチェーン、サイドスタンド、リザーブ切り替えコック付燃料タンク)などです。
 「YZ250FX」は、現行の2014年「YZ250F」ベースから、2017年「YZ250F」ベースで開発。新エンジンを搭載したほか専用仕様としてキックスターター廃止、ミッションへ表面処理追加、燃料警告灯追加などを施しました。「YZ450FX」はキックスタート廃止による軽量化、サスペンションセッティング変更、燃料警告灯を新採用しました。「YZ250X」は、フロントディスク径アップを図りました。いずれもリアフェンダーにロゴをあしらった新グラフィックとなります。


ヤマハYZシリーズのアマチュアオーナーのためのレース参戦サポートプログラム「bLU cRU」サイトが公開されました。